食事と健康と迫られる二つの選択①【大塚・池袋 完全個室予約制トータルボディケアスタジオ B-Ideal Project Lab】

B-Ideal Project

03-6886-6713 / 03-5980-7636

〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-1 GRAVA202/〒170-0004 豊島区北大塚2-8-11プログレスヒルズ2F

[ 営業時間 ] 平日 7:30~23:30 (応相談) / 土日祝 8:00〜21:00 (応相談)
[ 定休日 ] 不定期 (大塚店の営業時間は店舗情報参照)

食事と健康と迫られる二つの選択①【大塚・池袋 完全個室予約制トータルボディケアスタジオ B-Ideal Project Lab】

ブログ

2022/01/18 食事と健康と迫られる二つの選択①【大塚・池袋 完全個室予約制トータルボディケアスタジオ B-Ideal Project Lab】

皆さんこんにちは、村岡です!

 

前回までは生活習慣病について結構長くお話をさせていただきました。

 

でもどうやって食事を改善していけばいいのか?

今回は食べ物の摂り方と健康についてのお話ではなく、クイズ形式でお話しさせて頂こうかと思います^^

という事で早速⭕️❌クイズ行ってみましょう!

 

 

問①

同じ摂取量なら1日2食より3食の方が痩せる?

 

img_9231

 

 

 

 

正解は⭕️です!

 

 

 

1日の総摂取エネルギーが同じ場合は、食事は2回よりも3回の方が痩せやすいと言えます。

理由としては、食事の回数が多ければ1回の1食あたりの摂取エネルギー量が少なくなるため、血糖値の上昇が抑えられる事でインスリンの分泌量が減少し、脂肪合成が少なくなるからです。

逆に食事の回数を減らすと空腹時間が長くなることで脂肪合成が活発化し、脂肪が蓄積され太り安い身体になってしまいます。

 

さらに、1回の食事で食べられる量には限りがあるため、回数を減らす事は必然的に1回の食事量を減少させ、1日の必要なエネルギーの摂取不足に繋がります。

 

それに伴い、たんぱく質・ビタミン・ミネラルも不足してしまい食べた栄養素を効率よくエネルギーにすることができなくなってしまいます!(=代謝が悪くなる)

 

それを補うために、1回あたりに多くのエネルギーを摂取したとしても、その分だけインスリンがたくさん分泌されるため、体脂肪の蓄積が促進し、食欲の増進され痩せることが難しくなります。

 

改善方法として

少ない量の食事を数回に分けて食べることで、食欲が抑えられ、減量に有効だと言われています。

また、毎日決まった時間に決まった種類の食品を食べるという工夫も減量効果があると言われています。

 

例えば、炭水化物のように早くエネルギーになる食べ物は、身体が多量のエネルギーを必要としている朝や、運動前に摂取するのがオススメです。

 

夜間は消費エネルギーが最も少なくなるので、夕食の炭水化物量を控えめにする事も減量に役立ちます!

 

まとめ

いかがでしょうか?

「1日1食しか食べてないから、夜中にドカ食いしても大丈夫〜♪」

 

こんな考え方は全くの間違いです!

 

お菓子でなければ、間食をとって5回に分けて2時間に1回食事をする方法なども、正しく量と質を考えて摂れれば有効な手段です^^

 

正しい知識で上手く食事を摂る事が習慣の改善には必要ですね😃

 

では最後に次のクイズです!

 

問②

やっぱり油はダイエットの敵である?

 

これは次回、答え合わせをしていきましょう♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

お相手は村岡でした^^

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

B-Ideal Project 後楽園本店
【住所】〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-1 GRAVA202

【電話番号】03-6886-6713

【営業時間】平日 7:30~23:30 (応相談)
土日祝 8:00〜21:00 (応相談)

【定休日】 不定期

B-Ideal Project Lab 大塚 店
【住所】〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-8-11プログレスヒルズ2F

【電話番号】03-5980-7636

【営業時間】平日 8:30~23:00 (応相談)
土日祝 9:00〜21:00 (応相談)

【定休日】 不定期

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP